円満な時を目指す

水晶

第三者の介入

結婚を経験した3組に1組が離婚する時代、その中には復縁を求める人がいます。一時的な気持ちのすれ違いによって離婚を経験した人の中には、もう一度やり直したいと思う人がいるのです。そんな復縁を求める人たちにおすすめなのは、当事者ではない第三者を二人の間に入れることです。なぜなら、二人で復縁の話を続けても相手の気持ちが冷めていては、進展が期待できないからです。第三者を介入させることで、お互いを尊重しあうことができ、進展する可能性を期待することができます。さて、その介入させる第三者についてですが、友人やお互いの家族を呼ぶのが基本です。共通の友人が最も適していて、お互いの良いところ悪いところを第三者目線で見てくれるため、素早い話の進展を期待できます。もし共通の友人がいないのであれば、信頼できる親族を呼びましょう。親族の場合、どちらか一方の肩を持ってしまう可能性があるため、注意が必要ですが、こちらも良いところおよび悪いところを把握しているため、適していると言えます。家族や友人に頼ることができないのであれば、最後の方法として専門の業者を介入させる方法もあります。お互いの気持ちを汲むことはできませんが、復縁のエキスパートであるため、着実に復縁に向けてのストーリーを作ることが可能です。復縁を希望するのであれば、二人だけで話し合いはしないことです。余計なトラブルが発生することも考えられますので、できる限り第三者を介入させましょう。